ちゃんとできてる?スニーカーの雨対策をするべき理由と4つの対策方法

ちゃんとできてる?スニーカーの雨対策をするべき理由と4つの対策方法

普段スニーカーを愛用する上で厄介な存在と言える「雨」。

雨はスニーカーを履いてる側の気持ちを萎えさせるだけでなく、スニーカーにもダメージを与えてしまうため、しっかりと対策する必要があります。

そこでこの記事では、スニーカーの雨対策についてまとめてみました。

実際にスニーカーが雨に濡れてしまった場合の正しい対処法についても紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

スニーカーの雨対策をしっかりとしておくべき理由

スニーカーの雨対策をしっかりとしておくべき理由

今履いているスニーカーを今度も愛用していきたいなら、雨対策はしっかりとしておくべきです。

というのも、雨はスニーカーの劣化を早めてしまうから。

特に対策していないことでスニーカーが雨に濡れ放題の状態になってしまうとスニーカーにダメージがどんどん蓄積していきますし、雨に濡れてしまった状態のスニーカーをそのまま放置すると更に劣化が早まってしまいます。

そのため、スニーカーの雨対策は普段から意識してしっかりとおこなっておくべきだと言えるわけです。

スニーカーの雨への対策方法(おすすめ順)

スニーカーの雨への対策方法としては上記の4つがあげられます。

それぞれ詳しく紹介していきたいと思います。

1. レインシューズ

レインシューズ

元も子もない結論になってしまいますが、本当にスニーカーを大事にしたいのであれば、雨の日には履くべきではありません。

後ほど紹介していく防水スプレー(撥水スプレー)での対策やレインカバーでの対策をおこなえば雨の日でもスニーカーを履くことはできますし、雨によってスニーカーが劣化しないようにすることはできます。

しかし、多少は濡れてしまったり湿気にさらされてしまったりするので、少なからずダメージを受けてしまいます。

なので、雨の日ようのレインシューズを購入し、雨の日にはスニーカーではなくレインシューズを履くようにするのが一番おすすめの対策方法となります。

「レインシューズ」と聞くとダサい雨靴をイメージしてしまう方も多いかと思いますが、最近はおしゃれなものもたくさん出てきているので、おしゃれなレインシューズを紹介している以下の記事を参考に、レインシューズを選んでみていはいかがでしょうか?

2. ゴアテックス素材のスニーカー

ゴアテックス素材のスニーカー

おしゃれなものが出てきているとはいえ、「やっぱりレインシューズはちょっと」という方におすすめなのが、GORE-TEX(ゴアテックス)素材のスニーカーです。

ゴアテックスは「水は通さないけど通気性は高い」という夢のような素材で、過酷な環境で着られることの多いアウトドア製品に採用されている素材です。

そんなゴアテックス素材を採用したスニーカーがちょっとしたブームになり、さまざまなブランドがゴアテックス素材のスニーカーを発売しています。

世界一売れているスニーカーであるアディダスのスタンスミスにもゴアテックス素材を採用したモデルが登場していたりするので、あくまでスニーカーにこだわりたい人はゴアテックス素材のスニーカーを選んでみてはいかがでしょうか?

ゴアテックス素材のスニーカーについては、以下の記事が参考になるかと思います。

3. 防水スプレー

防水スプレー

「レインシューズやゴアテックス素材のスニーカーもいいけど、できるだけお金をかけずに雨対策したい」という方におすすめしたいのが、防水スプレーです。

防水スプレーをスニーカーに吹きかけることで、スニーカーの表面に薄い膜がはられ、雨を弾いてくれるようになります。

最近ではスニーカー専用の防水スプレーも売られていますし、2,000〜2,500円ぐらいで購入できるので、手軽な対策方法としておすすめですよ。

スニーカー用の防水スプレーとしては、「クレッププロテクト」や「ジェイソンマーク」がおすすめです。

リュック クレッププロテクト 防水スプレー バッグ 衣類 疎水性 革 贈物 対汚染性 布 靴 プロテクト クレップ protect crep ブーツ 防水 靴用 スエード 革用 スニーカー 防水用品 crep 151-003

ただ、他にもいくつおすすめの製品があるので、防水スプレーについてもう少し詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

4. レインカバー

レインカバー

「雨の日でもお気に入りのスニーカーを楽しみたいけど雨に濡らしたくはない」というちょっとわがままな方におすすめなのが、レインカバーでの雨対策です。

最近は特にスニーカーの人気が高まってきているので、ローカットタイプのスニーカーはもちろん、ミドルカットからハイカットタイプのスニーカーに対応したレインカバーも出てきています。

レインカバーは見た目がちょっとアレですが、スニーカーが濡れてしまう心配がないので、雨の日でもお気に入りのスニーカーを楽しみつつ雨対策ができるようになっています。

スニーカー向けのレインカバーとしては、「ドライステッパー」が人気が高くおすすめです。

スニーカー向けのレインカバーについては以下の記事でも詳しく紹介しているので、そちらも参考にしてみてください。

スニーカー向けのレインカバーについての記事はこちら >>

おすすめのスニーカー用レインカバーをタイプ別に紹介!購入できる場所の情報も おすすめのスニーカー用レインカバーをタイプ別に紹介!購入できる場所の情報も

スニーカーが雨に濡れてしまったときのお手入れ方法

  1. 汚れを落とす
  2. 水分を拭き取る
  3. しっかりと乾燥させる
  4. 消臭する

※クリックするとその商品の部分までスクロールできます

スニーカーの雨への対策方法について紹介してきましたが、「対策していないときに雨が降ってきてしまい、スニーカーが濡れてしまった」ということもあるかと思います。

冒頭でも触れた通り、雨に濡れたままのスニーカーをそのまま放置していると劣化が早まってしまうので、スニーカーが雨に濡れてしまったときはしっかりとしっかりとケアしてあげる必要があります。

スニーカーが雨に濡れてしまったときにやるべき4つのケアについてみていきましょう。

1. 汚れを落とす

雨が降っているときにスニーカーを履いてしまうと泥で汚れてしまったりするかと思いますが、そのまま放置していると汚れが落ちにくくなってしまうので、屋内に入ったタイミングなどでしっかりと汚れを落とすようにしましょう。

柔らかいタオルなどで汚れをしっかりと拭き取り、細かい部分に入り込んでしまった砂や石は綿棒を使って取り除くようにしましょう。

2. 水分を拭き取る

雨でスニーカーが濡れてしまったときは、柔らかいタオルなどを使って、スニーカーについた水分をしっかりと拭き取るようにしてください。

スニーカーは湿気に弱いので、濡れたスニーカーをそのまま放置しておくのは絶対にNGです。

しっかりと拭き取りましょう。

3. しっかりと乾燥させる

雨でスニーカーが濡れてしまった場合、表面についた水分を拭き取るだけでは不十分です。

素材に染み込んでしまった水分をしっかりと乾燥させなくてはいけません。

直射日光の当たらない風通しのいい場所にスニーカーを立てかけて、1日以上乾燥させておきましょう。

乾燥しないまま下駄箱に入れてしまったりするとカビや臭いが発生する原因になりますし、他のスニーカーや靴にも良くありません。

忘れずに乾燥させるようにしてください。

4. 消臭する

スニーカーが雨に濡れてしまうと発生するのが嫌な臭い。

一度臭いが発生してしまうと対処が大変になってしまうので、臭いが発生する前に対処しておくようにしましょう。

雨に濡れてスニーカーの防臭アイテムとしては、スニーカーの中に入れておくだで消臭・防臭してくれる「グランズレメディ」がおすすめです。

スニーカーの雨への対策方法についてのまとめ

この記事のまとめ
  • スニーカーの劣化が早くなるので、スニーカーの雨対策は必須
  • おすすめなのは「レインブーツ」か「ゴアテックス素材のスニーカー」での雨対策
  • 「防水スプレー」や「レインブーツ」を活用した雨対策もおすすめ
  • 万が一スニーカーが濡れてしまったときにはしっかりとケアしてあげることも大切

スニーカーの雨への対策方法について紹介してきました。

今回紹介した方法を活用すればしっかりと対策できるようになるはずなので、ぜひ好みの方法で対策してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です